2006年03月05日

夢想

事後報告だから、なんとでも言えるのだろうけども。京都からの帰りのバスの中で、柳沢(旧ヤナギサワ)がオーバーヘッドを決める夢を見た。疲れてバスの中でウトウトしていたので、夢とも妄想ともはっきりしない、ゆめうつつの状態だったのだが。柳沢!

正夢だったよ!夢で見たのと攻めているサイドは違ったけど(夢では鹿島は左サイドに攻めてた)。しかも、ハットですか。かなりやるだろうと想像はしていたが、まさかここまでとは。いやいや、今までの柳沢とは違ったよ。ゴールに向かう姿勢、決定力。そして何より風格が着いた。これはヤバイよ、柳沢!

●アントラーズは、良い点も悪い点も。悪い点はスコアを見れば、いわずもがなである。良い点としては、増田と青木の両ボランチは攻めの点では非常に有効だったこと。終盤の5分間をアントラーズらしい狡猾な時間の使い方ができたこと。あと、小笠原の貢献度の高さ。しかし、W杯後に彼が移籍するので、依存度が高いのは悪い点とも言う事ができる。ビミョー。高卒新人ウッチー2号の度胸には感服。比較的落ち着いた対応ができていたし、仕掛けていくという姿勢はとても良い。なによりプロ入り初戦をのびのびとやっていた印象があって良い。テクニックとフィジカルはプロに入ってから磨けると思うが、メンタル面ではもう立派な選手であるように感じられる。次はクロスに期待。文脈とは関係ないが、柳沢!

●柳沢、W杯で活躍しちゃったら海外行っちゃうよ。なんせ現在はレンタル移籍の身分。移籍金が釣りあがった頃合にメッシーナがさくっと売っちゃうかも。早く買い戻せ、柳沢!


posted by ゲルト at 21:44| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

神様カモカモ

京都滞在二泊目。今日は上賀茂神社→賀茂川の河原を散策→下鴨神社→出町デルタでほっこり休憩→京都御苑→北野天満宮、というように神社系の旅。

●やはりというかさすがというか「世界遺産」の上賀茂と下鴨はよかった。とくに下鴨神社には太古の原生林が今も残っていて、まさにスピリチュアルスポット。こんなに鳥の声は様々あったのかと感嘆。

●この下鴨神社。なにかと鳥に縁がある。その名の「鴨」は本来は「賀茂」だったものが転じたものである。ちなみに『方丈記』を著した鴨長明はこの下鴨神社の末社の神官の家の出自。下鴨神社のメインの祭神の一人に賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)がいる。この神様は京都の民の守護神であり、その化身は八咫烏(ヤタガラス)である。そう、ヤタガラスといえば、日本サッカーのシンボル。このヤタガラスだけを個別に祭ったお社もあるのだ。それがこれ。説明書きの看板にも「サッカーの守護神」と書いてあるホンモノのお社だ。

yatakarasu.JPG


●さぁ、ニッポン代表がW杯の決勝トーナメントに残れるよう、みんなでお参りしよう。神社の作法の二拍手ではなく、上の画像をダブルクリックだ。二礼ダブルクリック一礼、これがサイバー参拝の作法。どんどんクリックして神様カモンと呼び出そう!

●こんなアホなこと書いている間に2006Jリーグ開幕。ワタシゃ鹿島神宮に参拝いきたいよ・・・。
posted by ゲルト at 23:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

My Favorite Things

そうだ、京都いこう。

●と思い立ったので、明日から京都に出かけることにした。初めて有休を取ってみたりなんかして。行くところは特には決まってはいない。ただテーマはある。「梅」と「世界遺産」だ。梅は北野天満宮や御苑、二条城が有名らしい。世界遺産としては、金閣銀閣清水のビッグ3のほかに、龍安寺や仁和寺、上加茂神社に下鴨神社、郊外の方では醍醐寺、宇治上神社と様々な見所が想定される。っていうか、いま挙げたこれらの寺社を全部回るのはまず不可能。行くところ決まっていないと言いながら、行きたいところは数無数。そうそう、伏見稲荷にも行きたいんだよなぁ。鳥居に包まれ、アナザーワールドへトリップなんてしたりして。

●京都には住んでみたかった。京都に住んだことのある人の話を聞くと、ますますその想いが強くなる。彼らは、訪問者の知らないたくさんの京都の顔を知っている。こじんまりしているがあんみつがとてもおいしいお店だったり、五山の送り火が全部見られる場所だったり。最近になって初めて教えてもらった話なのだが、京都の町は北から南に向かって緩やかに傾斜しているとのこと。観光客はバスやらタクシーやらを使うのでちっとも気づかないが、自転車をメインの足とする京都ネイティブは傾斜を敏感に感じるのだそうだ。緩やかとはいえど、北山と京都駅では、京都タワー1個分くらいの高低差があるらしい。

●京都タワーって何メートルだっけか?
posted by ゲルト at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。