2006年06月14日

無得点継続中 −フランス対スイス−

分ける分ける。また引き分けだ。フランスは98年のプティ以降、まだ点が取れない。ジダンはまだ羽ばたかない。

●スイスは引き分け方を知っている感じがした。両者はW杯の欧州予選でも同組。結果は2試合ともに引き分け。DFラインがよく統率されているなという印象。前半にリベリーとアンリに崩された以外は、よく対応できていた。試合を通して押しているイメージだったのは、むしろスイスの方。得点のチャンスも少なくは無かった。そこを決めきれないのが、この国の課題なのだろうか?今日は元世界王者に対して健闘したスイスだが、韓国あたりにコロっと負けそうな気もする。

●フランスはグループの対戦順にも恵まれない。スイス、韓国、トーゴという守備の良いほうから当たっていく。仮に初戦がトーゴだったならばゴールも生まれ、徐々に「ノッて」いけただろうに。トンネルの出口まであと何メートル?


posted by ゲルト at 03:08| Comment(0) | TrackBack(0) | WC2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。