2006年06月17日

悲劇再び −オランダ対コートジボワール−

また現れてしまった「怪しい」主審。FKでの再開スポットにやたら厳しいのは分かるが、ファールの基準が不明確。ファンデルサールと交錯したドログバがファールをとられたが、ビデオで見るとドログバはむしろ足を上げて接触を避けている。このプレーでドログバは累積2枚目のイエローカード。第3戦のセルビア・モンテネグロ戦は出られない。

●コートジボワールはすがすがしいチームだった。前半2失点してしまうが、チームのコンセプトが明確。とにかく攻める。後半はポゼッションではオランダを圧倒。オランダのカウンターも危なげなく対処する。前のゲームではドログバ頼りに見えたコートジボワールだが、この試合は他の選手も良いプレーを見せる。独特のテンポなのか、ドリブル突破がズバズバ決まってゆく。「持ちすぎ」でややパス回しが滞るが、攻撃のほとんどをシュートで終えることができた。ドログバはむしろ不調。彼がキレキレだったら、この試合は分からなかった。結果は2−1でオランダの勝利。終盤の試合運びでは、両者の経験の差がはっきりと出た。

●これで、グループCはアルヘンチーナとオランダが通過確定。屈指の好カードといわれた第3戦アルゼンチン対オランダは、消化試合化。残念。もっともつれて、ギラギラした試合になってほしかったが・・・。コートジボワールはもっと観てみたいチームだった。敗退が決まったとはいえ、次戦のセルビア・モンテネグロ戦は初勝利を狙ってくるだろう。アルヘン・オランダ戦よりもこちらの試合の方が白熱するに、500バカリコネ。


posted by ゲルト at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | WC2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。