2006年06月18日

混戦に −グループE・第2試合−

やっぱり「死のグループ」はここでしょ。チェコ対ガーナでは、ガーナが殊勲の勝利。チェコもネドベドやロシツキを軸として、かなりの決定機を作り出していたが得点には結びつかず。1−0で迎えた後半途中ガーナはPKを得るも、これを外してしまう。このPKにつながったファールでチェコは10人になってしまったのだが、逆にチェコに流れが来るのではないかとワタシは思った。しかし、ガーナが追加点を上げチェコを沈めた。この試合、両チームともに運動量が多く、なかなか面白いゲームだと感じた。良くも悪くもチェコは魅せてくれる。

●続いてのイタリア対アメリカは退場者を3人出すという大乱戦。前半にスコアが1−1となり、その後レッドカードのオンパレード。結局このまま試合終了。USAに2人目の退場者が出た時点で、試合としてはほぼ膠着状態に。途中出場したデルピエロが枠内シュートを2本放つも、USAのキーパーにかき出されてしまう。

●これでイタリーが勝ち点4でグループ首位。チェコとガーナは勝ち点3で、USAが勝ち点1である。まだどのチームにもリーグ突破の可能性は残されている。USA以外の3チームは次戦で勝利すれば、突破決定。USAは得失点差が−3なので、第3戦は大勝が必要条件。その上でイタリー・チェコ戦の結果に左右される。チェコとしては第3戦はどうしても勝利がほしい。チェコは引き分けではガーナに抜かれる可能性がある。次はなんとしても勝利がほしい。しかし、一方のイタリーは引き分けでも突破確定なので守備的に試合を進めることも予想される。なんともお決まりのフレーズだが、チェコがカテナチオをこじ開けられるか、というのが観戦ポイントなんだろうね。


posted by ゲルト at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | WC2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。