2006年06月19日

決戦は金曜日へ −日本対クロアチア−

んがぁ〜。痛恨のドロー。なぜ日本はもっと攻められなかったのか?

●両者ともに負ければ「終わり」のこの試合。その重圧に押しつぶされたのは、我らが代表。クロアチアはリスクをおかして攻めていた。それを日本のDF陣はよくしのいでいた。だが、中盤より前の選手達がそれを台無しにしてくれた。

●今日の我が代表は精彩に欠いた。速いパス回しも無い。無駄なポゼッションだらけ。ペナルティエリアまで侵入できない。なぜだ?なぜもっと勝負に出てくれない?ここを引き分けで終えても、グループリーグは日本主導にもっていけないんだぞ。後半の70分過ぎから、両軍ともに足が止まってきた。玉田&オオグロを投入し、ゴール前でのFKも狙えるかと期待したが、チャンスは生まれず。

●ワタシは怒っている。日本史上最強の代表だと信じていた。アジアカップでのあの闘いを思い出せ。ワールドカップに出ることが目標だったのか?こんなことではブラジルに勝つなんて、無理。今回は本当に失望した。この2回の闘いで断定するのもおかしいのだろうが、ニッポン代表は早急に世代交代を進めるべきである。ブラジル戦はDFラインとナカタ以外は総とっかえでOKだ。


posted by ゲルト at 01:45| Comment(1) | TrackBack(0) | WC2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゲルトさん、日本代表予選敗退ですね。
僕も今回の代表は日本史上最強やと思ってたんですが…orz
初戦の敗戦ですべては決まってたんでしょうね…。
Posted by naoki at 2006年06月23日 19:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。