2005年09月24日

オガサとミネイロの抱擁に感涙した

んがー。残念な引き分けだ。ガンバ大阪vs鹿島アントラーズの首位決戦は3−3でドロー。

●アラウージョがすばらしいのは分かっていた。しかし、あのようなカタチで2ゴールを奪われるとは。それにあのGKのミス。。。前半の攻めが良かったのと、気持ちで負けていなかったのが引き分けに持ち込めたファクター。

●やはり小笠原は後半のスタミナが問題かな〜。前半はの域に達していたのだが。それと、野沢も90分は持たないのかねえ。あのクオリティが90分間見ることができるのなら、マヂだと思うんだが。ディフェンスに目を向けるとしても、3点とられはしたが今日は大健闘だったろう。大岩政はやはりすごい。向こうのチームのDFとは大違いだね。岩政が代表に獲られなくて良かった。そのうち獲られちゃうんだろうけど。。。増田はやはりまだまだこれからの選手かな。まあまあがんばっているから良し。他のチームだったら主力になるかもしれんが。青木の右SBはまあまあ。ミドルシュートをはずしまくっていたが、それは名良橋でも変わらないのだからノープロブレム&ドンマイ。フェルナンドの守備は良くなってきた、よかった。リカルジーニョは結構がんばってるぞ。一回スタメンで使ってやってもいいのでは?

●終盤に点を獲り合ってドローに終わったこの試合。最低限の結果に終わった。これからの9試合。ガンバと比べると鹿島は対戦相手がキツい。ジェフやジュビロ、マリノスが残っている。苦手セレッソがいるのもやっかい。ジェフ戦を臨海でやらなくていいのが救いか。一方、ガンバは下位相手の対戦が続く。あのガンバの守備の弱さはチャンピオンにふさわしくないと思うので、各チームが粉砕してほしいものである。


posted by ゲルト at 21:28| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

すげえ試合だな
Excerpt: G吹田 3−2 鹿島 89分 アラウージョ G吹田 3−3 鹿島 89分 アレックスミネイロ 大黒が後半5分ごろに同点ゴール決めてから40分以上お互い何やってたんだといい
Weblog: 紫色の旋律
Tracked: 2005-09-27 02:29
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。