2006年06月19日

決戦は金曜日へ −日本対クロアチア−

んがぁ〜。痛恨のドロー。なぜ日本はもっと攻められなかったのか?

●両者ともに負ければ「終わり」のこの試合。その重圧に押しつぶされたのは、我らが代表。クロアチアはリスクをおかして攻めていた。それを日本のDF陣はよくしのいでいた。だが、中盤より前の選手達がそれを台無しにしてくれた。

●今日の我が代表は精彩に欠いた。速いパス回しも無い。無駄なポゼッションだらけ。ペナルティエリアまで侵入できない。なぜだ?なぜもっと勝負に出てくれない?ここを引き分けで終えても、グループリーグは日本主導にもっていけないんだぞ。後半の70分過ぎから、両軍ともに足が止まってきた。玉田&オオグロを投入し、ゴール前でのFKも狙えるかと期待したが、チャンスは生まれず。

●ワタシは怒っている。日本史上最強の代表だと信じていた。アジアカップでのあの闘いを思い出せ。ワールドカップに出ることが目標だったのか?こんなことではブラジルに勝つなんて、無理。今回は本当に失望した。この2回の闘いで断定するのもおかしいのだろうが、ニッポン代表は早急に世代交代を進めるべきである。ブラジル戦はDFラインとナカタ以外は総とっかえでOKだ。


posted by ゲルト at 01:45| Comment(1) | TrackBack(0) | WC2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

混戦に −グループE・第2試合−

やっぱり「死のグループ」はここでしょ。チェコ対ガーナでは、ガーナが殊勲の勝利。チェコもネドベドやロシツキを軸として、かなりの決定機を作り出していたが得点には結びつかず。1−0で迎えた後半途中ガーナはPKを得るも、これを外してしまう。このPKにつながったファールでチェコは10人になってしまったのだが、逆にチェコに流れが来るのではないかとワタシは思った。しかし、ガーナが追加点を上げチェコを沈めた。この試合、両チームともに運動量が多く、なかなか面白いゲームだと感じた。良くも悪くもチェコは魅せてくれる。

●続いてのイタリア対アメリカは退場者を3人出すという大乱戦。前半にスコアが1−1となり、その後レッドカードのオンパレード。結局このまま試合終了。USAに2人目の退場者が出た時点で、試合としてはほぼ膠着状態に。途中出場したデルピエロが枠内シュートを2本放つも、USAのキーパーにかき出されてしまう。

●これでイタリーが勝ち点4でグループ首位。チェコとガーナは勝ち点3で、USAが勝ち点1である。まだどのチームにもリーグ突破の可能性は残されている。USA以外の3チームは次戦で勝利すれば、突破決定。USAは得失点差が−3なので、第3戦は大勝が必要条件。その上でイタリー・チェコ戦の結果に左右される。チェコとしては第3戦はどうしても勝利がほしい。チェコは引き分けではガーナに抜かれる可能性がある。次はなんとしても勝利がほしい。しかし、一方のイタリーは引き分けでも突破確定なので守備的に試合を進めることも予想される。なんともお決まりのフレーズだが、チェコがカテナチオをこじ開けられるか、というのが観戦ポイントなんだろうね。
posted by ゲルト at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | WC2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

悲劇再び −オランダ対コートジボワール−

また現れてしまった「怪しい」主審。FKでの再開スポットにやたら厳しいのは分かるが、ファールの基準が不明確。ファンデルサールと交錯したドログバがファールをとられたが、ビデオで見るとドログバはむしろ足を上げて接触を避けている。このプレーでドログバは累積2枚目のイエローカード。第3戦のセルビア・モンテネグロ戦は出られない。

●コートジボワールはすがすがしいチームだった。前半2失点してしまうが、チームのコンセプトが明確。とにかく攻める。後半はポゼッションではオランダを圧倒。オランダのカウンターも危なげなく対処する。前のゲームではドログバ頼りに見えたコートジボワールだが、この試合は他の選手も良いプレーを見せる。独特のテンポなのか、ドリブル突破がズバズバ決まってゆく。「持ちすぎ」でややパス回しが滞るが、攻撃のほとんどをシュートで終えることができた。ドログバはむしろ不調。彼がキレキレだったら、この試合は分からなかった。結果は2−1でオランダの勝利。終盤の試合運びでは、両者の経験の差がはっきりと出た。

●これで、グループCはアルヘンチーナとオランダが通過確定。屈指の好カードといわれた第3戦アルゼンチン対オランダは、消化試合化。残念。もっともつれて、ギラギラした試合になってほしかったが・・・。コートジボワールはもっと観てみたいチームだった。敗退が決まったとはいえ、次戦のセルビア・モンテネグロ戦は初勝利を狙ってくるだろう。アルヘン・オランダ戦よりもこちらの試合の方が白熱するに、500バカリコネ。
posted by ゲルト at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | WC2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

勝ち点計算始まる −イングランド対トリニダード・トバゴ−

2巡目突入グループリーグ。本日(16日ね)は1時起床で2試合観戦予定。起きたら、エクアドルが決勝トーナメント進出を決めていた。グループAは「ほぼ終了」。

●一方グループB、イングランドがトリニダード・トバゴに2−0で勝利。トリニダード・トバゴは1960年代に英国より独立したことや、ドワイト・ヨークがキャプテンであることなど、味わい深い試合だ。試合の構図はきわめて明確。攻めるイングランド、守るトリ・トバ。トリ・トバは守るといっても時折カウンターを見せてくれる。そして、ボールをとられた後の戻りが速い。フットボールの法則に「弱気になり守りに転じたチームは、かならず負ける」というものがあるが、トリ・トバはいわば強気な守り。0−0の状態でも11人守備(笑)。

●イングランドはトリ・トバの好守備にあい、常にDFの前からのシュートになる。前半に瞬間どフリーとなったクラウチにベッカムが超絶クロスを送るも、ボールは枠外へ。シンジラレナイ。もうこんなチャンスないかもよ。・・・と思ったら後半にもう一度ありました。DFに下がりプレスを受けにくくなったベッカムからクラウチへ。わお。ベッカムを下げたことに最初は「?」の思っていたのだが、これは意図されたものだったのだろうか。

●これで、イングランドは予選通過確定。現在勝ち点1のスウェーデンと勝ち点0のパラグアイが試合中。このゲームが引き分けだった場合、勝ち点計算が複雑になってくる。最終戦はイングランド対スウェーデン。イングランドはメンバーを替えてくるだろうし、監督はスウェーデン人だし・・・、メディアは騒ぎますなぁ。トリ・トバ対パラグアイも興味深深。守備のチーム同士の戦いはどのようなものになるのか?意外とトリ・トバは南米サッカーに弱く、ころっと負けるかもしれないけどね。
posted by ゲルト at 04:13| Comment(2) | TrackBack(0) | WC2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

あふれ出す熱気 −ドイツ対ポーランド−

バラック復帰。とたんにドイツの攻撃が面白くなったこの試合。ポーランドも勝ち点がほしいので、集中して臨み、ゲームが伯仲した。

●しかし、両軍ともに点が入らない。シュートはことごとくGKの正面へ。試合の流れもそのつど行き来したので、見る分には面白いが、今ひとつ達成感が無い。ドイツはシュバインシュタイガーの調子が悪く、バラックやボルディとの連携が見られない。

●後半になるとファールが増え、選手のイライラ度が高まる。シュートを撃っても、ゴールに入らない。終盤にポーランドに退場者が出てからはドイツの猛攻。でもやはり点が入らない。連続バー直撃なんてこともあった。そしてロスタイム。ノイビル。1−0。歓喜爆発。

●いやぁ、クリンスマンドイツはスペクタルサッカー。面白かった。これがドローで終わっても好ゲームという声が上がったかもしれない。しかしドローじゃ、やはり釈然としないものが残る。ドイツの初戦、4−2での勝利もやはり釈然としない。しかし、今日は1−0なのに、大興奮。

●いやぁ、一度こういうゲームを経験しておくと今後期待できるのではなかろうか。シュバインシュタイガーの復調とオドンコールのフィットが待たれる。


●しかし、眠くて何書いてるかわからんくなってきたな→自分。出場国にとってもグループリーグの闘いは厳しいが、観るほうにとっても厳しい。だがグループリーグはまだまだ続く。これからが一番盛り上がるシーンである。さ、シャワー浴びて仕事いこ。
posted by ゲルト at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | WC2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

無得点継続中 −フランス対スイス−

分ける分ける。また引き分けだ。フランスは98年のプティ以降、まだ点が取れない。ジダンはまだ羽ばたかない。

●スイスは引き分け方を知っている感じがした。両者はW杯の欧州予選でも同組。結果は2試合ともに引き分け。DFラインがよく統率されているなという印象。前半にリベリーとアンリに崩された以外は、よく対応できていた。試合を通して押しているイメージだったのは、むしろスイスの方。得点のチャンスも少なくは無かった。そこを決めきれないのが、この国の課題なのだろうか?今日は元世界王者に対して健闘したスイスだが、韓国あたりにコロっと負けそうな気もする。

●フランスはグループの対戦順にも恵まれない。スイス、韓国、トーゴという守備の良いほうから当たっていく。仮に初戦がトーゴだったならばゴールも生まれ、徐々に「ノッて」いけただろうに。トンネルの出口まであと何メートル?
posted by ゲルト at 03:08| Comment(0) | TrackBack(0) | WC2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

列島沈黙 −日本対オーストラリア−

まだ気持ちの整理がつかないね。今日のニッポン代表は悪いなりによくやっていた。ヴィドゥーカを宮本が抑えていたなんていまだに信じることができない。

●「W杯の初戦で勝つ」というものはこんなもんなのだろうとも思っていた、残り10分までは。98年大会で日本と対戦したアルゼンチンやクロアチアだって、出来が悪いながら1点をもぎ取り勝利につなげたじゃないか。後半途中から投入されていった敵のFW陣に、DFの人数が足りなくなりかけていたところの3失点。痛い、痛すぎる。これでオーストラリアは勢いつくだろう。

●ニッポン代表がグループリーグを突破するには、もう道が少なくなってしまった。頼みの綱はブラジル。日本戦まで2連勝、しかも大量得点してくれないと厳しい。3戦終わって、日本、クロアチア、オーストラリアが1勝2敗の状況を作り出さなければならない。ここで問題になるのは得失点差。次のクロアチア戦では、2点差以上をつけての勝利がほぼ必須条件。かなり厳しい。万が一、ひょっとしたら、ブラジルが最終戦で「温情」の引き分けを与えてくれることもあるかもしれないが。。。そこまでして上に進みたいか?イエス、進みたい。ただ、そんなぬるい日本対ブラジルの試合は絶対に観たくない。(※)

●これからクロアチア戦まで、マスコミやネット等であーだこーだと「戦犯」探しが始まるのがイヤで仕方ない。そんなの見たくない。もうジーコにすべてを託すしか我々がすべきことはないのだ。一番悔しい思いをしているのは代表選手達。今日の出来は悪かったが、ホントによくがんばっていた。ただ、ジーコが大ナタを振るう可能性も高いとワタシは見ている。

●いまTVでやっているチェコがうらやましい。と思ったら先制ヘッドを決めたコラーが負傷退場。トーナメントまでには戻ってこいよ。


※そういや「温情」などなくても、自分達の実力でブラジルと引き分けるということもできるのであった。敗戦を目の当たりにして、うつむいていたのはワタシ自身だったか。
posted by ゲルト at 02:10| Comment(1) | TrackBack(3) | WC2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

まもなくキックオフ

なんだかんだ言っても、やはり気になる日本戦。今回のW杯以降、日本サッカーは苦しい時代が続くことも予想されるので、ニッポンドリームチームの躍進をやはり見たい。

●風呂にも入った。仮眠もとった。録画もバッチリ。そして、今日は芋焼酎梅酒の解禁日。去年の6月8日、ニッポン代表がW杯出場を決めた日に漬けた梅酒だ。もう1年たっちゃった。当時は名古屋で生活するなんて考えてもいなかったな。

●今日はその梅酒を飲みながら、試合を観るのだ。
posted by ゲルト at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | WC2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メヒコ!メヒコ!メヒコ! −メキシコ対イラン−

直前のセル・モン対オランダに続いて、よく似た国旗対決。我らがアジアの雄イランと、中米の王者メヒコの大決戦。

●最高レベルの試合とはいえないのは当たり前だが、とてもおもしろい試合。中盤コネコネのメヒコに、サイドアタックとカウンターのイラン。前半は1−1で折り返す。後半開始直後、メヒコにアクシデント。FWボルヘッティが負傷交替。伝統的なポゼッションサッカーのメヒコに、高さという色取りを添えてきたボルヘッティだが、初戦からは姿を消す。この後、中盤を制圧したメヒコは、バルサのラファエル・マルケスが神出鬼没の奮闘。ボールをキープできなくなったイランの攻撃陣に背中を向け、ゴール前・サイドにマルケスが展開。精神的支柱であるというのもうなずける。働きすぎだよ。

●結果2点を追加したメヒコが、3−1で勝利。底力の差か?恐るべしラテンアメリカ。ニッポンとはアジアカップや予選で切磋琢磨しているイランなのでがんばってほしい気持ちもあったが、今日のメヒコは圧巻。強いよ、メヒコ。

●そんなメヒコと予選を戦ってきたUSAも警戒すべきだろうなぁ。今大会一番の「死のグループ」はグループEだろう。イタリー、ガーナ、USA、チェコ。ガーナがやや劣るかもしれないが、あとは横一線ではなかろうか。ここで困るのがニッポンがグループFを突破した場合、グループEの一位or二位とあたるということ。できれば、イタリーかチェコとやりたいよね、せっかくだから。
posted by ゲルト at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | WC2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロッベン劇場 −セルビア・モンテネグロ対オランダ−

ひさしぶりにオレンジが帰ってきた。青い空、緑のグラウンド、そしてオレンジのユニホーム。遠い異国で行われるサッカーの祭典でいつも映えていたのは、オランダの色。しかし、今日は・・・。

●ロッベンのビューティフルゴールで先制したものの、オランダの攻めは精彩を欠く。セル・モンの守備もけして水も漏らさぬというものではない。オランダにしては地味な試合が繰り広げられる。

●前半終了直前にセル・モンは最初のカードを切る。コロマンを中盤に投入。これが利き、後半以降はセル・モンが中盤を支配する。オランダは時折カウンターアタックを試みるばかり。スタンコンビッチはきわどいFKを蹴り、オランダサポーターを黙らせる。

●どうしてしまったんだ、オランダ。いつものスペクタクルサッカーはどこへいったんだ?メンバーとしては申し分ない(守備に難ありだが)。ルート・ファンニステルローイは戻りぎみになり、中盤でのポゼッションを高めようとしたのかもしれないが、彼の仕事場はそこではない。目立ったのはロッベンただ一人。しかし、ロッベンだけが目立つというのはオランダサッカーとしては失敗。ロッベンを「生かす」サッカーをしなければなかったのだ。

●結果だけを見れば、順当。グループCはアルヘンとオランダが一歩リード。しかし、これはどうなるかわからんよ。
posted by ゲルト at 01:46| Comment(0) | TrackBack(1) | WC2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

余裕綽々 −アルゼンチン対コートジボアール−

メッシを見せろ!と持ったヒトも少なくないだろう。アルヘンチーナはテベスもメッシも出さずにコートジボアールに2−1の勝利。クレスポとサビオラももちろんビッグネーム。スタメンを張るのは当たり前。2点リードした後、2人を下げるのももちろんあり。で、出てくるのが、テベス&メッシかと思ったら・・・。なんでそんなに余裕なの?

●コートジボアールも強かった。今回のアフリカ勢の中で一番との呼び声も高い。ボール回しも速く、スピードだって速い。そして、最前線には怪物ドログバ。強いとはいえ、最後にはドログバ頼みの感は強い。でも、ドログバはホントになんとかしてくれるからスゴい。ドログバ級とは言わなくとも、もう1人良いアタッカーがいれば、今大会の核にもなれただろう。

●アルヘンは完全に「チーム・リケルメ」ペケルマンボーイズ。すがすがしいまでにボールは彼の元に行く。ペケルマンはリケルメに命運を託した。残念ながらアイマールの出番はないだろう。クラシカルな司令塔にスピードスターそろえたアルヘンチーナ。決勝トーメントでの現代サッカーとの対戦で彼らはどこまで勝ち残るか。ていうか、まずはオランダ戦が楽しみだ。



●とうとう徹夜。。。明日はセル・モン対オランダだけにしようかな。メヒコ対イランも気になるが。。。とりあえず寝ます。
posted by ゲルト at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | WC2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポプラ来襲 −スウェーデン対トリニダード・トバゴ−

試合前の予想同様攻めるスウェーデンに守るトリニダード・トバゴ。後半まもなくトリ・トバに退場者が出て、この構図はいっそうはっきりとなる。イブラヒモビッチ(ユヴェントス)、ユングベリ(アーセナル)、ラーション(バルセロナ)という超強力アタッカー陣をそろえるスウェーデンだが、見事に空回り。パスが合わなかったり、シュートが味方に当たったりする。おまけにトリ・トバのGKシャカ・ヒスロップは神降臨状態。さすがシャカ。

●両軍の必死なプレーが、見るものに感動をもたらしてくれた試合ではないか。CL決勝で絶妙のパス出しをしたラーションを、トリ・トバのDF陣がスペースを消す。バルセロナを切り裂いた(ゴールには結びつかなかったが)ユングベリを、スライディングでとめる。まさに気迫のプレー。スウェーデンも遊んでるわけではない。時間がなくなっていくのに比例して、あせりの色が彼らを包む。

●結果スコアレスドロー。しかし、いまのところ今大会一番のゲーム。0−0のゲームだったのに、なんなんだこの面白さは。これがサッカー、これがワールドカップなのか。個人的にはスウェーデンを応援していたのだが、いつのまにかトリ・トバの方に心が動いてしまう。

●楽しんでもいられないのが、スウェーデンサポ。まるで今日で世界が終わってしまうような表情。一方のトリ・トバの選手とサポは優勝したかのような騒ぎ。うらやましい、初出場の初戦で強豪相手に勝ち点1。ふと考えてしまずにいられない。今日の彼らにあって、98年のニッポン代表になかったものは何なのかを。
posted by ゲルト at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | WC2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横綱登場 −イングランド対パラグアイ−

強えぇ!イングランド強いよ。オウンゴールによる1−0の勝利だが、随所に強者の片鱗を見せつけてくれる。たとえば、中盤の運動量。中でもベッカムはすばらしい。そのルックスの良さとプライヴェートが話題になる彼だが、やはり今の時代を代表するフットボーラーであることを証明したね。あと今回のイングランドは守備が堅くて強い。ベンチにはまだソル・キャンベルもいるので、出場停止への備えも万全。

●一方のパラグアイは、「いつもの」守備から入るスタイル。しかし、カウンターは決まらず。バイエルンミュンヘンに所属する貴公子ロケ・サンタクルスは90分間どこかに消えていた・・・。しかし、スウェーデンやトリニダードトバゴ相手には彼らの良さを出してくれるはずだ。今日は相手が悪かったのだ。FWクエバス(前回大会のスロベニア戦で2得点し、パラグアイを決勝トーナメントに導いた男)は健在。やはり後半からの出場。

●イングランドはミドルシュートが決まるようになってくれば、決勝も見えてくる。開幕戦でフリンクスが見せたようなゴールをジェラード、ランパードが決めてくるか。この日の彼ら中距離砲は宇宙に向けて発射していたのは愛嬌。決勝トーナメントまでには調子を上げてくる。ミドルが決まるようになれば、相手ゴール前にスペースも生まれJ・コールが輝きを増してくるだろう。ワタシは基本的にイングランドサッカーはつまらないと考えているのだが、J・コールだけは例外。まぁ、今回のイングランドは面白そうだなとも思えてきたのは事実。

●ちょっと待て、イングランドにはまだルーニーもいるのか。どうすりゃいんだ。
posted by ゲルト at 04:56| Comment(0) | TrackBack(1) | WC2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いよいよ開幕 −ドイツ対コスタリカ−

ついに開幕。FIFAワールドカップドイッチュラント。結局アタシは日本でTV観戦。ドイツ行きたい・・・。

●開幕ゲームのドイツ対コスタリカ戦。NHKの試合前の実況を聞いたり、スタンドに並ぶ両国のサポーターの映像を見たりすると、ホントにワールドカップが始まるなぁとワクワクしてくる。いや、試合のレベルだけを考えれば、欧州チャンピオンズリーグや欧州のトップリーグのほうがレベルが高いのは分かっている。でも、やはりワールドカップは熱くなれる。お祭りだしね。

●試合は開始20分の間に3点が入るというハイスコアゲーム。結果4−2でドイツはコスタリカを沈めて、お約束どおりの勝利。しかしこの内容ではドイツの国民は納得の勝利ではないだろう。日本やコスタリカに2点取られるようでは、アルゼンチンが相手だったら5点ぐらい入れられちゃうんじゃないの?とも思えてくるのはしょうがない。

●それでも、勝つには勝ったドイツ。決勝トーナメントで進出していくチームの中にも、一次リーグを苦労しながら突破するチームも少なくない。たしかに今の崩壊したディフェンスは8強に残ることすら危ない。しかし、一次リーグの3試合でコンディションを整えることも可能だ。そのためにコスタリカ、ポーランド、エクアドルっていうグループに入ったんだし(笑)。ま、結果だけ見れば勝ち点3で、得失点差2、総得点4。結果だけ見ればいい感じ。クリンスマンドイツっていうのはこういう試合をすることは分かったんだしね。
posted by ゲルト at 02:16| Comment(0) | TrackBack(1) | WC2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。