2006年06月11日

横綱登場 −イングランド対パラグアイ−

強えぇ!イングランド強いよ。オウンゴールによる1−0の勝利だが、随所に強者の片鱗を見せつけてくれる。たとえば、中盤の運動量。中でもベッカムはすばらしい。そのルックスの良さとプライヴェートが話題になる彼だが、やはり今の時代を代表するフットボーラーであることを証明したね。あと今回のイングランドは守備が堅くて強い。ベンチにはまだソル・キャンベルもいるので、出場停止への備えも万全。

●一方のパラグアイは、「いつもの」守備から入るスタイル。しかし、カウンターは決まらず。バイエルンミュンヘンに所属する貴公子ロケ・サンタクルスは90分間どこかに消えていた・・・。しかし、スウェーデンやトリニダードトバゴ相手には彼らの良さを出してくれるはずだ。今日は相手が悪かったのだ。FWクエバス(前回大会のスロベニア戦で2得点し、パラグアイを決勝トーナメントに導いた男)は健在。やはり後半からの出場。

●イングランドはミドルシュートが決まるようになってくれば、決勝も見えてくる。開幕戦でフリンクスが見せたようなゴールをジェラード、ランパードが決めてくるか。この日の彼ら中距離砲は宇宙に向けて発射していたのは愛嬌。決勝トーナメントまでには調子を上げてくる。ミドルが決まるようになれば、相手ゴール前にスペースも生まれJ・コールが輝きを増してくるだろう。ワタシは基本的にイングランドサッカーはつまらないと考えているのだが、J・コールだけは例外。まぁ、今回のイングランドは面白そうだなとも思えてきたのは事実。

●ちょっと待て、イングランドにはまだルーニーもいるのか。どうすりゃいんだ。


posted by ゲルト at 04:56| Comment(0) | TrackBack(1) | WC2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いよいよ開幕 −ドイツ対コスタリカ−

ついに開幕。FIFAワールドカップドイッチュラント。結局アタシは日本でTV観戦。ドイツ行きたい・・・。

●開幕ゲームのドイツ対コスタリカ戦。NHKの試合前の実況を聞いたり、スタンドに並ぶ両国のサポーターの映像を見たりすると、ホントにワールドカップが始まるなぁとワクワクしてくる。いや、試合のレベルだけを考えれば、欧州チャンピオンズリーグや欧州のトップリーグのほうがレベルが高いのは分かっている。でも、やはりワールドカップは熱くなれる。お祭りだしね。

●試合は開始20分の間に3点が入るというハイスコアゲーム。結果4−2でドイツはコスタリカを沈めて、お約束どおりの勝利。しかしこの内容ではドイツの国民は納得の勝利ではないだろう。日本やコスタリカに2点取られるようでは、アルゼンチンが相手だったら5点ぐらい入れられちゃうんじゃないの?とも思えてくるのはしょうがない。

●それでも、勝つには勝ったドイツ。決勝トーナメントで進出していくチームの中にも、一次リーグを苦労しながら突破するチームも少なくない。たしかに今の崩壊したディフェンスは8強に残ることすら危ない。しかし、一次リーグの3試合でコンディションを整えることも可能だ。そのためにコスタリカ、ポーランド、エクアドルっていうグループに入ったんだし(笑)。ま、結果だけ見れば勝ち点3で、得失点差2、総得点4。結果だけ見ればいい感じ。クリンスマンドイツっていうのはこういう試合をすることは分かったんだしね。
posted by ゲルト at 02:16| Comment(0) | TrackBack(1) | WC2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

ひたすらダビング

遂に導入したハードディスクDVDレコーダー。まったく予備知識なしに購入したため、買って一週間たち、ようやく「使い勝手」というものが分かってきた。

●シロウト考えで、「3倍録画の120分テープ」のライブラリーを「360分モードのDVD」にざくざくダビングしようと思っていたが、この場合では画質が著しく劣化することが判明。2004年のEUROポルトガル大会をビデオテープ1本に3試合のペースで録画してあるのだが、そのままDVD一枚におさめることは不可能ではないのだが、現実的にありえない。もちろん1試合ごとにDVD一枚にダビングするのがベストだが、ちょっともっとたいない気がするビンボー人のワタシ。そこで妥協案として、DVD1枚に2試合収めることとして、ダビング作業を開始した。オペラだったらフィデリオだったら良画質で1枚に収められるのだが、「指環」や「マイスタージンガー」はどうすりゃいいんだ?「魔弾」は2時間に収まるんだっけか?

●あと、へっぽこ機種(だからかどうかは知らないけど)、ビデオ→DVDの高速ダビングができない。ビデオライブラリーをかったぱしから視聴しなければならん。サッカーのゲームはハーフタイムカットしたいため、実際に見ながらダビング。CMカットの必要ないコンサート・オペラものは寝てる間にダビング。

●うん、これだけ不満を書いているけど、この機械はめちゃめちゃ便利だと思ってるよ。今は過渡期なだけ。今日もこのあとNHK教育の「芸術劇場」アバド指揮のルツェルン祝祭管を録画→DVD化予定。しめしめ。
posted by ゲルト at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

パリは燃えているか?

ワタシも含め、世間はワールドカップ、ワールドカップと騒いでいる。しかし、ワールドカップは「世界最高の舞台」ではあるが、世界で一番「レベルが高い舞台」はUEFAチャンピオンズリーグである。

●地球上のスーパースター達が、欧州各国のリーグでプレーする現代においては、ナショナルチームがクラブチームよりも優位に立つことはほとんどない。イングランド代表とチェルシー、イタリア代表とユヴェントス、スペイン代表とバルセロナ。10回試合をするとするなら7回はクラブチームが勝つであろうことは、容易に想像できる。

●パリで行われるUEFAチャンピオンズリーグ決勝は、05/06シーズン最も「優れた」チームを決める試合である。この手の試合(CL決勝、トヨタカップ決勝)においては、メディアは「最強」というフレーズをよく使う。なぜかワタシはこの「最強」がしっくりこない。強さというのは絶対的尺度ではないような気がする。「地球最強のチーム」は、まるで日めくりカレンダーのように、明日そのポジションにいることができるかどうかを保障されない。日本時間の明日の朝、05/06シーズンの「世界最優秀」チームがビックイヤーを掲げる、とワタシは認識する。そして、このトロフィーを掲げた瞬間が、今シーズンの世界のサッカーカレンダーが終結する瞬間である。

●ワールドカップは、いわばボーナスステージ。サッカーリーグ戦は、オーケストラの定期公演やオペラハウスの通常公演。ワールドカップは、ザルツブルク音楽祭やバイロイトなのだ。つまり、ワールドカップは祝祭空間。ヒトの手を離れた、超人的なチカラがはたらきかねないエクストラステージ。今日5月17日は「世界最優秀」チームが決まる日であり、7月9日は「世界で最も神に愛された」チームが決まる日である。
posted by ゲルト at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

サッカードイツW杯、ニッポン代表最終メンバー発表

それなりに反響が大きい結果になったようだ。最も信頼されていたかのように見えた選手が、W杯をテレビの前で過ごすことになった。

●今日の一連の報道を見て、気になったのはそれぞれの表情。初選出となったナカムラのうれしそうな表情を見てくれ。「最後に呼ばれたからドキドキしちゃったよ〜」なんてめちゃめちゃハッピーな発言。やはり落ち着いていたのはW杯経験組。小野、柳沢、川口。彼らの冷静かつ落ち着いた受け答えは、ワタシたちに経験の重みを感じさせてくれる。ナカタにいたってはすっかりリラックス。しかし単なる弛緩ではないことは誰の目から見ても明らか。久保もいつものように淡々としているようで、こんなに彼が感情をはっきり現したことはないのでないだろうか。

●そして、今日一番きびしい表情を見せたのは、監督ジーコ。選手として3回、コーチングスタッフとして1回のW杯経験を持つ彼が誰よりも厳しい顔をしていた。「体調が中途半端なままW杯を迎えてはいけない」「私の経験上、骨折からは回復できるが、(深刻な持病を抱えている選手は)・・・」。あの顔でそんなことを言われてしまえば、こちらは信じるしかないっすよ。

●考えてみよう。われらが監督は、W杯を4回も経験しているサッカー人。これまでのニッポン代表のスタッフの誰よりもW杯を知っている。彼の監督としての手法はたしかに未熟なところもあるかもしれない。彼は結果を示すことしかせず、過程をレクチャーすることはないという。彼の前任者は「日本人だからサッカーができない、だからサッカーのやり方を教える」というスタンスとは対極。ジーコの信念は「日本人だからサッカーができる、だから結果のみを示し、選手達にやり方を任せる」。日本サッカーが始まってからこのような考え方でW杯に挑む指導者は、おそらくジーコが初めて。ジーコが、世界有数のサッカー人がそう言うんだから、信じよう。ジーコが、世界有数のサッカー人が選んだ彼らを、信じよう。

●あぁ、今日なら言える、ニッポン代表のワールドカップでの目標を。一次リーグは3勝、トーナメントは無敗である。つまり・・・。
posted by ゲルト at 23:47| Comment(0) | TrackBack(2) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

前夜

いよいよ明日は、W杯ニッポン代表23人の発表の日だ。なにやら世間はさわがしい。

●勢いのある人間を入れるというのは、おおむね正しい。上位進出するチームにはラッキーボーイは必ずいる。調子を上げてきている佐藤や巻を使うのももちろんありうる。しかし、ワタシはオールスターチームが見たい。そのチームはけして最強ではないかもしれない。

●今回のW杯はシドニー五輪組とナイジェリアワールドユース組が融合して挑む、おそらく最後のW杯。南アフリカでも何名かのメンバーは出場するかもしれない。だが、南アフリカ大会において彼ら「黄金世代」が出場しなければいけないという事態は、若手世代の伸び悩みを意味する。黄金世代は08アジアカップ優勝を置き土産に後進に道を譲るのが、美しい姿だ。

●ワタシが今大会のニッポン代表に思いを重ねるチームは98フランスW杯のフランス代表。南アフリカ大会で惨敗しないよう、今後ニッポン代表は若手を起用すべきである。それゆえに、今回のドイツ大会はオールスターチームを見せてほしいのだ。

●以下、予想メンバー私見。
  GK 川口、楢崎、土肥
  DF 宮本、中澤、加地、アレックス、
     松田、田中マコ、駒野、ナカタコ
  MF ナカタ、ナカムラ、小笠原、小野、イナモト、
     福西、マツイ、遠藤
  FW タカハラ、柳沢、久保、オオグロ
 ま、ありえないだろうけど・・・。



●ドイツに観戦にいきたいとわめいていたけれど、結局それは夢に終わりました。日本で深夜に観戦します。せめて記録をとりたいと思い、ハードディスクレコーダーを購入。あとはケーブルテレビの契約を全試合ライブ仕様に変更すれば、ワタシの対W杯対策は完成。

●今日はヒマだったので、ミートソースを自作してみた。超ウマかった。



●と書き終えたところに、タカハラのフランクフルト移籍の一報が!来季は車ドゥリとアジアン(ボーズ)コンビだぁ!
posted by ゲルト at 23:13| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

夢想

事後報告だから、なんとでも言えるのだろうけども。京都からの帰りのバスの中で、柳沢(旧ヤナギサワ)がオーバーヘッドを決める夢を見た。疲れてバスの中でウトウトしていたので、夢とも妄想ともはっきりしない、ゆめうつつの状態だったのだが。柳沢!

正夢だったよ!夢で見たのと攻めているサイドは違ったけど(夢では鹿島は左サイドに攻めてた)。しかも、ハットですか。かなりやるだろうと想像はしていたが、まさかここまでとは。いやいや、今までの柳沢とは違ったよ。ゴールに向かう姿勢、決定力。そして何より風格が着いた。これはヤバイよ、柳沢!

●アントラーズは、良い点も悪い点も。悪い点はスコアを見れば、いわずもがなである。良い点としては、増田と青木の両ボランチは攻めの点では非常に有効だったこと。終盤の5分間をアントラーズらしい狡猾な時間の使い方ができたこと。あと、小笠原の貢献度の高さ。しかし、W杯後に彼が移籍するので、依存度が高いのは悪い点とも言う事ができる。ビミョー。高卒新人ウッチー2号の度胸には感服。比較的落ち着いた対応ができていたし、仕掛けていくという姿勢はとても良い。なによりプロ入り初戦をのびのびとやっていた印象があって良い。テクニックとフィジカルはプロに入ってから磨けると思うが、メンタル面ではもう立派な選手であるように感じられる。次はクロスに期待。文脈とは関係ないが、柳沢!

●柳沢、W杯で活躍しちゃったら海外行っちゃうよ。なんせ現在はレンタル移籍の身分。移籍金が釣りあがった頃合にメッシーナがさくっと売っちゃうかも。早く買い戻せ、柳沢!
posted by ゲルト at 21:44| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。